私が作るミニ畳<Joe>のこだわり

リバティアートファブリックスを使って作ったミニ畳

■Chonan’s TATAMI<Joe>名前の由来


<Joe>とは・・・
国内外・老若男女問わず受け入れられる『私オリジナルのミニ畳』を作りたいと思ったのをきっかけに、発音しやすい畳の音読み「ジョウ」をヒントに<Joe>「ジョー」と名付けました。


■<Joe>が大切にしていること


他にはないデザインセンスや感性、“心がときめくミニ畳” を作ること。
畳縁と畳表の組み合わせを変えるだけでも、ときめき度は変わります。
お客様とのコミュニケーションを大切にすることで心をくみ取り、ご満足頂けるよう、一つひとつ丁寧に心を込めてお作りする…
そういう “心” を大切にしています。


■<Joe>のこだわり


ミニ畳はその名の通り、小さいです。ですから畳縁の面積も小さいです。
その限られた面積で、いかに畳縁に使用する生地の柄を表現させるかが、完成の美しさを左右する大きなカギとなってきますので、ミリ単位、時にはコンマの世界で微調整して作っております。

そんな心を込めてお作りしたミニ畳<Joe>、お届けする時も真心こめて丁寧に。
「お気に召していただけますように・・・」と送り出しています。

その他、about Joe にて詳しくご説明しておりますので、宜しければこちらも合わせてご覧ください。

関連記事

  1. お雛様、雛人形、ひな祭りアレンジメントにピッタリなミニ畳 雛人形にピッタリな可愛いミニ畳ができました!
  2. 神田神保町にある北沢書店でディスプレイ用として購入した洋古書 撮影小物としての洋古書
  3. ミニ畳の角を美しく仕上げるためのこだわり とにかく「角」を!
  4. 長南畳店のリーフレットと取扱説明書 お届けに際して心がけていること
  5. お問合せメールで大切にしていること
  6. ミニ畳専門店 長南畳店がカスタムオーダーでお作りするお雛様にピッタリなミニ畳 TanoMake (タノメイク)での出店を始めました❢
  7. ミニ畳の撮影風景 畳を魅力的に撮るために心がけていること。
  8. ゾウ柄のスリランカ製シルク手織りシルクを使ったミニ畳 一目惚れの布たち~洋布編~
PAGE TOP