about me

貴方だけの特別なミニ畳<Joe>を作る、ミニ畳専門店


私はミニ畳クリエイターとして、日本文化である畳の良さや懐かしさを伝え、 “ミニ畳”という新しいスタイルで、気軽に楽しめる畳を発信しています。
(詳しくはブログ『オーダー作品実例』をご覧ください)

長南畳店 長南里美 Satomi Chonan
ミニ畳クリエイター 長南里美(ちょうなん さとみ)

ミニ畳<Joe>はフルオーダーが可能ミニ畳


『畳=敷く』の概念をなくし、使う人のセンスで楽しむことのできるフルオーダーが可能なミニ畳<Joe>を、お客様のご希望に合わせてゼロからお作りいたします。
現在は、minneCreemaBASEの3サイトで販売する他、 不定期でイベント出展やコラボレーション企画などをおこなっています。


畳屋を継げなかった娘が誕生させたオリジナルブランド『ミニ畳<Joe>』


私は3代続く畳屋の家に生まれ育ちました。
長南家の歴史や家業を絶やしたくない、「長南畳店」を残したいという想いで家業を継ぐことを希望するも、北新宿という都市開発が進む土地柄と女であることを理由に反対され、断念。
それなら畳を残す建築家になろうと、建築の専門学校で建築工学を3年間学ぶも、卒業後は住宅関連会社に就職。
そこでは、住宅建材の他にイタリアとの貿易・デザイナーズ家具の直輸入販売やインテリアコーディネート業を担当し、翌年には、南青山にオープンさせたインテリアショップの店長に就任。
店頭販売からネット販売・代理店・貿易・コーディネートをほぼ1人でこなし、仕事に充分な遣り甲斐を感じる一方で、1人勤務の過酷労働、パワハラや理不尽な会社組織に心身ともに耐え切れず退職。

退職後は、以前より心に秘めていた「海外に行きたい」「英会話を学びたい」という想いを実行すべくワーキングホリデーを利用してオーストラリアへ約1年間渡航。
このオーストラリアでの体験がのちに『ミニ畳専門店』立ち上げの原点となりました。
(詳しくは『旅人になり海外で確信した畳のDNA』をご覧ください)

全国地方新聞に掲載
全国地方新聞に掲載
取材:共同通信社

『もっと身近に、もっと気軽に畳を楽しんでもらう』


時代や環境に合った畳を作り続け、お客様に満足していただくこと。
ミニ畳という形で『畳を次の世代にも残す』ことを使命としています。

国内外・老若男女問わずに、もっと身近に、もっと気軽に“畳”を楽しめるオリジナルブランド 『 ミニ畳<Joe> 』 を広めるために、お客様の「欲しい!」をカタチにするミニ畳を、心を込めてお作りしています。

I make a mini-tatami mat of the interior. It is called <Joe>. <Joe> is the Japanese “tatami” mat which can be used as a mat or as a display board to enjoy your arrangement as an interior decoration.

長南畳店3代目父と4代目の私
長南畳店3代目父と4代目の私


主な参加イベント


2006年 ボックスギャラリー @表参道ヒルズ
2006年『和のアート・クラフト展』@東京プリンスホテル
2007年『新宿OZONEクラフトマーケット』@リビングデザインセンターOZONE
2007年『あ~てぃすとマーケット』@横浜赤レンガ倉庫
2010年『Japanism Art Exhibition#2』@The Artcomplex Center of Tokyo
2011年『New York International Gift Fair』@Pire92,New York, USA
2011年『デザイン・フェスタ』@東京ビッグサイト
2015年『リトル・ママフェスタ TOKYO 2015秋』 @池袋サンシャインシティ
2016年『帯留め展』@雑司が谷「展示室 showroom」
2018年『横浜絹フェスティバル』@横浜港大さん橋国際客船ターミナルホール
(チームJ-culture2020ブースにて[畳でおもてなしプロジェクト]の一員として参加)

PAGE TOP